横浜市のリサイクル着物屋|おもしろ屋きらく屋、激安かないや

アンティーク着物リサイクル着物、古着、古布を買う

神奈川県横浜市保土ヶ谷区にあるヴィンテージショップおもしろ屋、神奈川区、青葉区のきらく屋、鶴見区の着物リサイクルかないやとかないやリサイクル横丁をご紹介します。

神奈川県横浜市のおもしろ屋はアンティーク着物他古いものがいっぱい


横浜市保土ヶ谷区天王町商店街表門通りのすぐ脇にあるおもしろ屋さんは、アンティーク着物が豊富に揃っているのはもちろん、アンティークのアクセサリーや舞台衣装に使えるようなきらびやかな洋服等もありました。




店内に置いてある着物は、アンティークの高価な着物もありましたが、1000円~2000円の手ごろな価格帯のものも、多くありました。

子どもの着物もかけてありましたし、カラフルな振袖もありました。
女性用のおしゃれも色とりどりあって、男性用の落ち着いた紬まで、堆く積みあがっています。

壁には古布をリメイクされた、色とりどりのスヌードもかけてあります。

私は銘仙の着物が欲しかったので、「銘仙の着物はないですか?」とお伺いしたところ、快く対応していただきブルーの銘仙の着物を買いました。
おもしろ屋で買った銘仙の着物をバッグにリメイク


外には、500円の羽織り、300円の帯締め、100円のはぎれ、5枚100円のはぎれ、100円の袋詰めボタンが置いてありました。
大きめの貝ボタンも1袋100円でした。

神奈川県横浜市のおもしろ屋は骨董市にも出店されます

おもしろ屋さんの、ご主人は元呉服店に勤務してらっしゃったとのことで、その着物を見る目は確か。

奥様は洋品店を営まれていたそうです。

こちらのおもしろ屋さんは、骨董市にも多数出店されていて、出店予定はツイッターにUPされています。

店頭にさいたまスーパーアリーナ骨董アンティークフェアのポスターが貼ってありました。

昨年も出店されていましたし、直近になったら、Twitterで確認できると思います。

天王町商店街では、春と秋の年2回「天王町まつり」というフリーマーケットが開催されます。
すぐ近くの橘神社で毎月第4土曜日にアンティークバザール(店舗数は少ないです。)の同時開催もあり。

着物リサイクルおもしろ屋

〒240-0003 神奈川県横浜市保土ケ谷区天王町1丁目6−2
045-331-7258
営業時間:11時~18時

横浜市神奈川区六角橋のリサイクル着物店きらく屋


リサイクル着物「きらく屋」は六角橋商店街の昔ながらの仲見世の中にあります。
こじんまりとした店内に、所狭しと着物が積まれていて、価格は気軽にリメイクできるセールの着物が500円~

よいものはそれなりに高く、数万円の価格帯の大島や結城等の紬もステキなのが揃っています。
ご主人いわく、100年くらい前のアンティーク着物も入ることがあるとのことでした。

着られる状態の良い素材と柄の着物で2000円~8000円くらいのものも結構あって、
夏物は特に安価で、個人的にはかなりおススメです。

先日は、粋な竹の柄の紬や縮の上布が半額で1000円であったのに
買い逃してしまいました><
以前、有松絞りの浴衣も半額で2000円も買い逃しましたが・・・・・

店頭には、リメイク用の小さいはぎれが100円であります。

店頭に置いてあるのは、リサイクル着物ですが、
呉服屋さんで、お仕立て、洗い張りもされています。

単の半額セールは6月いっぱいですが、
YouTubeを【見た&いいね】でそれ以降も半額にしていただけるそうです。

きもの今昔きらく屋
神奈川県横浜市神奈川区六角橋1丁目8-22
045-430-5980

神奈川県横浜市のきらく屋は店内の陳列がとてもキレイ

横浜市青葉区の青葉台駅から徒歩5分のところにあるきらく屋さん。
コンセプトが『気楽・着楽・喜楽』とあって、気楽に楽しんで着物を手に取って着てみることができます。

代表の大柴さんは、長年着物にたずわさって来られた着物のプロ。
物腰が柔らかで、わからないことには丁寧に答えてくださいます。


店内には、落ち着いた大島紬から、カラフルな花柄の振袖まで、リサイクルとは思えないくらい、キレイに陳列されています。

良いお品も多く、価格も良いです(笑)

ただし、店頭はそんな感じではなく、ラックにかかっている着物は1000円、2枚で5000円。
羽織りは500円で、リメイクにも良いと思います。

店頭にははぎれや小物もあります。

きらく屋
きらく屋
045-983-7379
営業時間 10:00〜19:00
年中無休
アクセス 東急田園都市線「青葉台駅」下車徒歩5分
所在地 横浜市青葉区しらとり台1-8 小池ビル1F

私はきらく屋さんで、銘仙の羽織りを買いました。

解いてみたところ、生地はしっかりしていて、針目も目立ちません。
羽裏は着物地ではなく、ちょっと残念でしたが袋物の裏くらいには使えそうです。

神奈川県横浜市鶴見区のかないやリサイクル横丁の100円均一は見逃せない!

鶴見駅前には、着物リサイクルかないやとかないやリサイクル横丁の2店舗があります。


かないやさんは、店構えも呉服店のようで、リサイクル着物ですが、状態の良い着物が置いてあります。
店頭には安い羽織もありますが、大体の価格は3000円くらいから高価なものまで様々です。


大島紬は5000円からありました。

着物リサイクルかないや
着物リサイクル かないや
〒230-0062 神奈川県横浜市鶴見区豊岡町14−30
営業時間:10時~18時
045-581-7523

もう1店舗のリサイクル横丁は、リーズナブルな価格帯で、着物が1000円からあって、点数もかなり多いです。
普段着やお稽古にも良いですし、リメイクにも使えます。

はぎれや小物もあります。


店内に常時10~50%オフセールもありますが、なんといっても激安ですごいのは、毎月1日は100円均一セール!
13時開店で、開店前からたくさんのお客さんでいっぱいでした。
最初はきれいに並べられていた着物や帯が、開店からわずか数分でぐちゃぐちゃかつ、みなさんの買い物カゴは商品で山盛りです^^

リサイクル着物が多いですが、アンティークの着物や羽織もみかけました。
正絹だけでなく、洗えるウールやポリエステルの着物もありました。

帯、襦袢、はぎれ、小物もありました。

私は、黒いのばかり買いました(笑)

お隣の方は、カゴに13点も入れてらっしゃいました。
パッチワークに使用されるとのこと。
それでも、全部で1404円!

普段着に十分使える状態ですし、リメイクには最高だと思います。

そして20日は500円均一が開催されます。
100円均一より、グッと状態の良いものが販売されていて9割方そのまま着られる状態の着物でした。
反物もありましたよ!

https://twitter.com/Re_yokocho?s=20

さらになんと3月の決算期には、全品半額セールも開催されるので、お目当ての商品を買うチャンスです。

詳しくはかないや公式サイトで!

リサイクル横丁の社長さんは、着物の知識が大変豊富で、生地について伺うととても丁寧に教えてくださいます。
それにダンディでかっこいい!

状態の良いアンティーク着物を探すのであればかないやさん、リメイク材料を探すのであればリサイクル横丁とすぐそばに2店舗あるのはうれしいですね。

かないやリサイクル横丁
〒230-0062 神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2−2
鶴見フーガ2 507
営業時間 13時~18時
045-581-7078

タイトルとURLをコピーしました